院長からの新着情報

  • HOME
  • 院長からの新着情報
口腔がん検診に使用する口腔蛍光観察機器に、新機種ORALOOK(オーラルック)を導入しました。今後は世界で一番普及しているベルスコープに加えて、国産最新鋭機種オーラルックを症例によって使い分けることでより精度の高い診断に […]

MORE

2020年11月、日頃の口腔がん検診等公衆衛生活動を評価され、日本歯科医師会会長表彰を受賞いたしました。地道に取り組んできた活動が評価されることは、素直に喜びたく思います。

MORE

感染拡大防止策の一環として、出入り口を自動ドアに改修しました。非接触式ですので軽く手をセンサーにかざすだけで開閉できます。

MORE

11月14日第65回日本口腔外科学会総会において、基幹病院口腔外科の先生とともに、当院で発見した口腔悪性黒色腫の症例報告を行いました。今年はWEB開催でしたが、日本最大の口腔外科関連学会で発表することができ、新しい情報も […]

MORE

先日当院で発見した口腔がんの事例です。ご高齢の患者さんで、10年ほど前、他院で下顎の総入れ歯を作製し使用されていたそうです。最近になって入れ歯を入れると、歯肉が痛くなるということで来院されました。 診ると典型的な下顎歯肉 […]

MORE

6月28日、新大阪で開催された「口腔がん検診蛍光観察装置導入セミナー」の講師を務めてまいりました。東京歯科大学の柴原孝彦名誉教授が学術面を、私が主に臨床面を担当して蛍光観察装置(ベルスコープ)の導入を考えておられる熱心な […]

MORE

当院ではこの4月より、新しいシステムの口腔細胞診を、口腔がん検診に、導入しました。口腔がん検診は、基本診査(視診・触診・問診)、ベルスコープ診査、口腔細胞診、の3本立て検査体制となり、より幅広く口腔粘膜疾患を発見できる体 […]

MORE

先日の「徹子の部屋」に、堀ちえみさんが舌癌の手術後初めて出演されました。ゆっくりではありましたが、自分の言葉でしっかりお話をされていましたね。 皆様はどう感じられましたか?私は術後10か月ほどとしては、率直に「リハビリよ […]

MORE

論文「蛍光観察装置とICT医療連携による歯科クリニックでの口腔がん検診」が兵庫県歯科医師会機関誌に掲載されました。通常大学関係の先生の投稿が採択されるものですが、開業医の論文が掲載されるのは異例のことです。

MORE

9月8日、日曜日、第35回兵庫県歯科医学大会において「歯科クリニックで取り組む口腔がん検診」について発表しました!この2年間で、当院で発見した口腔悪性腫瘍について詳しく報告し、開業医の先生方が口腔がんを見つけるための理論 […]

MORE